審査

カードローンを利用する場合には、クレジットカードを利用できる様にする場合と同じように審査に通過する必要があります。
しかし、クレジットカードとカードローンの審査には大きな違いがあります。
クレジットカードの審査は非常に緩い審査ですが、カードローンの審査はクレジットカードに比べて審査の基準は非常に厳しい物になっています。
そのため、クレジットカードの審査は通過してるけど、カードローンの審査には通過出来ないといった人も中には存在しているのです。

同じようなものであるのに、審査にここまで大きな差が生まれるのには理由があります。
この理由は、担保があるか担保が無いかの違いです。
クレジットカードの場合、商品をクレジットカードで購入した場合、その商品の所有権はクレジットカード会社になります。カードの利用者はカード会社へと支払いを適切に行なう事によって、商品の所有権を手に入れるのです。そのため、クレジットカードは担保がある融資だと言えます。
融資先が潰れてしまっても、商品という担保を回収出来るためです。

しかし、カードローンは利用者に直接現金を融資する物であるため利用者の信用のみで行われる融資なのです。
だからこそ、クレジットカードとは違って、カードローンの審査は非常に厳しい物になっているのです。利用者の信用や資金の状況などの全てを見た上で、判断がされるのです。無担保であるため、融資先であるカードローンの利用者が潰れてしまえば、融資したお金を回収することが出来なくなるから回収出来るかどうかを十分に審査することは当然の事だといえるのです。